「人事評価制度見直し」決断する前にやること

「人事評価制度見直し」決断する前にやること

人事評価制度に対する違和感

  • 「社員の納得度・満足度が低い。モチベーションが上がらない」
  • 「運用者や評価者の事務的負担が大きすぎる。」
  • 「生産性向上に繋がらない。」

これらは、人事評価に対する問題点として挙げられやすい意見です。

社員の成長を促し、強固な組織となるために導入されるはずの人事評価制度ですが、実際には、賞与や昇格・降格など、単なる人事処遇の材料となっている現状に違和感を抱き、人事評価制度の見直しを検討する企業が多く見られます。

ですが、大抵の場合、問題は人事評価制度自体ではありません。人事評価制度が持つ目的を実現するための『運用体制』が整っていないことで、人事評価制度が機能していないケースが多いのです。

本資料では人事評価の運用体制を整えるために確認すべき事項を詳しく解説します。

資料ダウンロード