iCD活用システム
AJS-iCD

人材育成のための施策を効率的に推進することができるシステム

AJS-iCDとは?

AJS-iCDとは?

AJS-iCD(I コンピテンシ ディクショナリ)は、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が公開しているiコンピテンシ ディクショナリ(iCD)に対応したIT技術者育成サービスです。 タスクディクショナリやスキルディクショナリの活用をサポートします。

タスクディクショナリとスキルディクショナリは、あらゆる企業が活用できる汎用性とユーザビリティを兼ね備えています。

タスクディクショナリ:自社の現状(As-Is)の把握と成長(To-Be)に必要なタスク(業務)を整理します。
スキルディクショナリ:その業務を遂行する際に必要なスキル(能力)を整理します。

iCD活用システムは
iCD標準機能をすべて網羅している製品です

<機能一覧>

iCD活用システムはiCD標準機能はすべて網羅している製品です

製品の特長

■ 役割・タスク設定機能

管理者のページより、自社のスペースへアクセスすることで登録画面が表示されます。

■ データのインポート・エクスポート機能

管理者(1社1アカウント)にてファイルのインポート、エクスポートが可能です。

データのインポート・エクスポート機能

■ データ集計・分析機能(オプション機能)

「等級、役職、所属」などの項目を設定可能、ユーザ項目×iCD回答にて様々な分析が可能です。

データ集計・分析機能(オプション機能)

AJSはiCD協会認定パートナーです

AJSはiCD協会認定パートナーです

最新情報

 
現在公開されている情報はありません。

セミナー・イベント情報

 
現在予定されているセミナー・イベント情報はありません。

AJS-iCDを始めませんか?