製品概要

企業の約半数が人手不足

企業を取り巻く環境

企業の約半数が人手不足

少子高齢化が進行する日本国内において、「労働現場の人手不足」という課題は私たちの身近なところまで迫ってきています。限られた優秀な人財をいかにして獲得するか、そして獲得した人財にいかにしてその能力を発揮し続けてもらうか、という課題は、各企業で共通のものとなっています。(独)労働政策研究・研修機構による「人財(人手)不足の現状等に関する調査」によると、調査対象となった約半数の企業で、雇用者・労働者共に半数以上が『人手が不足している』と回答。企業側よりも労働者側のほうが7.6%高いことから、特に現場サイドで人手不足が顕著だとわかります。

加えて、「人手不足が企業経営に与える影響」という調査に対する回答では『需要の増加に対応できない』という回答が最も多く、全体の48.4%を占めています。このことから、企業の成長には最適な人財の確保が必要であり、多くの企業がその点について課題感を抱えている様子が見て取れます。

人財の確保

人財の確保

経営資源の必須要素「ヒト・モノ・カネ・情報」の中でも、先頭に位置付けられている「ヒト」。中小企業白書に記載された「収益力向上に向けた課題」では、高収益企業の50%以上が『優秀な人財の確保・人財育成』を挙げており、企業の収益力を向上させるための鍵が ”最適な人財の確保”にあることが明らかになっています。

人財不足に悩む企業と、優秀な人財の獲得に注力し更なる高収益を見据える企業。それらの明暗を分けるのは、企業成長に貢献する最適な人財を確保できるか否か、という点にかかっています。

人事評価の現場が抱える課題

評価業務の効率化

評価業務の効率化

  • ファイルのやり取りが煩雑
  • 集計作業、転記作業に時間がかかる
評価の見える化・データ活用

評価の見える化・データ活用

  • 評価の進捗状況が見えない
  • 過去データを簡単に参照できない
  • 蓄積されたデータを有効活用できてない
制度の定着化と評価の質の向上

制度の定着化と評価の質の向上

  • 目標難易度や評価基準を統一したい
  • 評価の偏りを是正したい
  • フィードバック面談を確実に実施したい

課題の解決

1. ファイルのやり取りが煩雑

ファイルのやり取りが煩雑

ファイル管理作業はシステムにおまかせ 圧倒的な作業効率化で本来の評価業務に集中できます

2. 集計作業、転記作業に時間がかかる

集計作業、転記作業に時間がかかる

集計作業や分布表作成を自動化タイトな評価スケジュールでも余裕をもって対応できます

3. 評価の進捗状況が見えない

4. 過去データを簡単に参照できない

過去データを簡単に参照できない

過去の評価データも適切に管理できいつでも取り出し可能になります

5. 蓄積されたデータを有効活用できてない

蓄積されたデータを有効活用できてない

レポーティングツールREPOPAを使えば任意の切り口でデータ分析が可能です

6. 目標難易度や評価基準を統一したい

7. 評価の偏りを是正したい

評価の偏りを是正したい

評価の偏りは「見える化」する事で解消させましょう

8. フィードバック面談を確実に実施したい

フィードバック面談を確実に実施したい

評価が遅れている個人や部署がひと目で分かります評価業務を確実に運用、定着させます

P-TH/P-TH+ を始めませんか?